ニュース
» 2012年10月10日 12時30分 UPDATE

Gmailに外国語を入力できる仮想キーボードとIME機能 ロシア語や中国語など100以上の言語に対応

Googleが、Gmailに設定言語以外の外国語を入力できる機能を追加した。日本語キーボード+IMEを利用していても、ロシア語、中国語、アラビア語など100カ国以上の言語を仮想キーボードやIMEで入力できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月9日(現地時間)、メールサービスのGmailに、PCの設定言語以外の言語を入力するための仮想キーボードとIME、合わせて100以上を追加したと発表した。

 仮想キーボードは、アラビア語、ロシア語、サンスクリット語、中国語など75カ国語を、IMEはアラビア語、ロシア語、日本語、中国語など32カ国語をサポートする。

 利用するには、まずGmailの[設定](歯車のアイコン)→[全般]の[言語]で「入力ツールを有効にする」にチェックを入れて保存する。これで、歯車アイコンの左隣に入力ツールを選択するためのキーボードアイコンが表示される。ここで「入力ツールの設定」をクリックすると、対応する仮想キーボードとIMEのリストが表示されるので、使いたいツールを選択する。

 後は、メール作成時に入力したいキーボードあるいはIMEを選択すれば利用できる。下図はロシア語のキーボードを選んだ状態。

 gmail 1 配列はもちろん、一般的なロシア語キーボード仕様になっている

 IMEを選択すると、下図(ロシア語IMEの場合)のように実際のキーボードでの入力に対して変換候補が表示される。

 gmail 2 当然ながらスペルを正確に覚えていないと選択できない

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -