ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2012年10月12日 13時34分 UPDATE

GoogleのWebサイト高速化モジュール「mod_pagespeed」がβを卒業

Googleが2年前にβリリースした、Webサイトを自動的に最適化するApacheサーバ用モジュール「mod_pagespeed」を正式版にした。

[ITmedia]

 米Googleは10月11日(現地時間)、2010年にβリリースしたWebサイト高速化モジュール「mod_pagespeed」を正式版にしたと発表した。

 mod_pagespeedは、Googleが2009年6月に公開したWeb開発者向けWebサイト高速化支援ツール「PageSpeed」をApache用にモジュール化したもの。PageSpeedはWebサイトを解析し、画像圧縮やJavaScript、CSSなどの問題を指摘して改善を促すブラウザ拡張機能。mod_pagespeedをApacheサーバにインストールすることで、これまでWeb開発者が手作業で行ってきた最適化をサーバが自動的に行うようになる。

 mod_pagespeedはβ版公開から2年の間に18回アップデートし、現在は12万以上のWebサイトに採用されている。また、Go DaddyやDreamHostなどの大手プロバイダーも顧客に提供している。

 Googleは、Webサイトの高速化は検索ランキング上昇、ひいては広告収入アップにつながるとして、PageSpeedモジュールを含む一連のPageSpeed ToolsGoogle Analyticsをはじめとする同社のさまざまな無料ツールの活用を奨励している。

 speed

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.