ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2012年10月15日 06時14分 UPDATE

Windows 8のテレビCMがYouTubeに登場(動画あり)

Microsoftが、26日発売のWindows 8のテレビCM第一弾をYouTubeで公開した。同社は新OSの立ち上げキャンペーンに15億〜18億ドルを投じるという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは10月14日(現地時間)、26日にリリースする次期OS「Windows 8」のテレビCM動画(30秒版)をYouTubeの公式チャンネルで公開した。米国では同日からテレビでの放映がスタートしている。

 「10」からの秒読みが「8」でストップし、Windows 8の特徴であるタイル状のユーザーインタフェースやタブレットでタッチ操作するシーンなどが続く。途中で新しいタグライン「Windows reimagined(新しく考え直されたWindows、のような意味)」がMetro(コードネーム)の特徴の1つであるSegoeフォントで表示される。BGMはイーグルス・オブ・デス・メタルの「Only Want You」。

 windows 8 CM Windows 8のタグラインは「Windows reimagined」

 Forbes誌のオンライン版によると、MicrosoftはWindows 8の立ち上げのマーケティングキャンペーンに15億〜18億ドルを費やすという。同社はかつて、「Windows Vista」のキャンペーンに3億ドルを投じている。

 日本では10月12日からWindows 8の予約受付がスタートしている。実売価格は、Windows XP/Vista/7をWindows 8 Proにアップグレードする「Windows 8 Pro アップグレード版」は6080円、新規インストール向けのDSP版は、「Windows 8」が1万1000円前後、「Windows 8 Pro」は1万5000円前後。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.