ニュース
» 2012年10月17日 12時29分 UPDATE

Google、Webアプリ開発向け新言語「Dart」の安定版SDKをリリース

Googleが、1年前に発表したオープンソースのWebアプリ開発向け言語「Dart」の安定版SDKをWindows、Mac、Linux向けに公開した。SDKにはネイティブVMをサポートするChromeブラウザのビルドも含まれる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月16日(現地時間)、昨年10月に発表したWebアプリ開発向け新言語「Dart」の安定版SDKをリリースしたと発表した。Windows、Mac、Linux用のSDKをDartのページからダウンロードできる。

 dart DartのWebページ。アイコンはダーツのフライト(の羽)を表している

 Dartは、クラスベースのオブジェクト指向言語。Dartのページにはサンプルプログラムやドキュメントが多数用意されている。実行方法としては、Webブラウザ上のネイティブな仮想マシン(VM)で実行するか、コンパイラでJavaScriptに変換するかの2つの方法があり、新SDKにはDartのVMをサポートするChromeブラウザのビルド「Dartium(ニックネーム)」が含まれる。

 dart 2 サンプルプログラム集

 Googleは向こう数カ月にわたり、バックワードの互換性を維持しつつパフォーマンス向上と機能追加に注力していくとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -