ニュース
» 2012年10月26日 07時19分 UPDATE

Apple決算、売上高は過去最高だが純利益は予測を下回る

Appleの7〜9月期の決算は、売上高は27%増の359億6600万ドル、純利益も24%増で、同四半期としては過去最高だった。ホリデーシーズン前にiPhone 5やiPad miniを発売した同社は、10〜12月期の売上高を約520億ドルと予測した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが10月25日(現地時間)に発表した2012年第4四半期(7〜9月期)決算は、売上高・純利益ともに同四半期としては過去最高だったが、純利益はアナリスト予測を下回った。9月21日に発売した「iPhone 5」は好調だが、同四半期末に反映されるiPhone 5の売上高は9日分だ。

 売上高は前年同期比27%増の359億6600万ドル、純利益は同24%増の82億2300万ドル(1株当たり8ドル67セント)。アナリストらは、売上高を355億ドル、純利益を1株当たり8ドル75セントと予測していた。粗利率は40.0%で前年同期の40.3%を下回った。Appleは電話会見で、粗利率の低下の原因は同四半期に多数の新製品を発売したためと説明した。

 iPhoneの販売台数は前年同期比58%増の2691万台で、売上高は171億2500万ドル。iPadの販売台数は26%増の1404万台で、売上高は75億1000万ドルだった。

 デスクトップモデルのMacの販売台数は24%減の97万台、ノートモデルのMacは9%増の396万台で、Mac全体の売上高は、前年同期比6%増の66億1700万ドルだった。

 iPodの販売台数は19%減の534万台で売上高は8億2000万ドル。iTunes StoreやiBookstoreなどでの売り上げは37%増の22億9600万ドルだった。iTunesは間もなくアップデートされるという。

 売上高を地域別で見ると、アメリカが43%増の138億1000万ドル、欧州が8%増の80億2300万ドル、日本は113%増の23億6700万ドル、アジア太平洋地域が15%増の75億3700万ドル(中国の売上高は57億ドル)、直営店経由が18%増の42億2800万ドルだった。

 10〜12月期の見通しについては、売上高を約520億ドル、1株当たり純利益を11ドル75セント程度と予測した。

 業績発表後の電話会見では、iOS端末が累計で4億4000万台売れたことやiCloudのユーザー数が1億9000万人を超えたことなどが発表された。iCloudユーザー数は前期より4000万人増加している。

 iOS 6のマップ問題については、改良を続けているという。

 米Microsoftが26日に発売する新タブレットのSurfaceについて質問されたティム・クックCEOは、「まだ自分でSurfaceを使ってみていないが、妥協の多い混乱した製品だと聞いている。飛行したり水上を走れる自動車を設計することはできるが、それを満足なレベルでできるようにするのは難しいものだ。競合製品とiPadを比較すれば、人々はiPadを選び続けるだろう」と語った。

 iPad miniの価格設定については、ピーター・オッペンハイマーCFO(最高財務責任者)が「われわれは小型でチープなタブレットを売るつもりはない。iPadのユーザー体験を小さい端末で提供するのが目的だ」と語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -