ニュース
» 2012年11月06日 06時19分 UPDATE

新iPad(iPad miniと第4世代iPad)、最初の週末で300万台販売

Appleが、先週末に発売したWi-Fi版のiPad miniと第4世代iPadの販売台数が合わせて300万台を突破したと発表した。3月発売の第3世代iPadの週末販売台数も300万台だったが、Wi-Fi版はこの内の150万台だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 ipads

 米Appleは11月5日(現地時間)、2日金曜日に発売したiPad mini第4世代iPadの週末の販売台数が、合わせて300万台を突破したと発表した。2日に発売になったのはWi-Fiモデルのみで、3Gモデルは米国で数週間後に発売の見込み。

 Appleはモデル別の販売台数は明らかにしていない。iPad miniは“実質的に売り切れ”たという。

 3月に発売した第3世代iPadのWi-Fiモデルの最初の週末の販売台数も300万台だったが、Appleはこの内の150万台がWi-Fiモデルであり、今回“Wi-Fiモデルの週末販売記録を2倍に更新した”としている。

 ティム・クックCEOは発表文で「世界中の顧客がiPad miniと第4世代iPadを気に入ってくれている。われわれは発売週末の販売記録を更新し、iPad miniは実質的に売り切れた。素晴らしい需要に対応するため、製造を急いでいる」と語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -