ニュース
» 2012年11月15日 07時30分 UPDATE

イスラエル軍が公式Twitterでガザ地区攻撃をライブツイート

「これからガザ地区への攻撃を開始する」「ハマス幹部を殺害した」──。イスラエル軍が作戦の様子を画像や動画入りでツイートした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 “アラブの春”では民衆の武器となったTwitterが、軍の広報手段として活用されている。イスラエル軍は11月14日(現地時間)、パレスチナ自治区ガザを空爆してイスラム組織ハマスの幹部を殺害したプロセスを、軍の公式Twitterアカウントでライブツイートした。

 このアカウントの名称はIsrael Defense Forces(IDF、イスラエル国防軍)で、Twitterの「承認済みプロフィール」だ。

 IDFは14日の夜、まず「IDFは#ガザ地区での大規模なテロ攻撃作戦を開始した。標的は#ハマス幹部だ」とツイートし、2時間後にはハマスの軍部リーダー、アフマド・ジャバリ氏が乗っているという車を空爆する様子を上空から撮影したYouTube動画を投稿した。

 idf 1 空爆の様子を撮影した10秒のYouTube動画

 2時間後には「アフマド・ジャバリを殺害した」という画像入りのツイートを投稿した。

 idf 2 ゲームのコンプリート画面のようだ

 IDFはWordPressのブログ、Flickr、YouTubeなどを駆使して、マルチメディアの広報活動を行っている。

 来年1月に総選挙を控えるネタニヤフ首相は11日、ハマスへの攻撃強化を警告している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -