ニュース
» 2012年11月29日 07時39分 UPDATE

iPad、世界タブレット市場でAndroidにシェアを奪われる──ABI Research調べ

7〜9月期の世界タブレット市場ではAppleのiPadが2010年発売以来の首位を守ったが、前期比でシェアを14ポイント落とした。Android勢のシェアは44%を超えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米国の市場調査会社ABI Researchが11月27日(現地時間)に発表した2012年第3四半期(7〜9月)の世界におけるタブレット出荷台数調査によると、米AppleのiPadシリーズがシェア55%で首位を守ったが、前期比でシェアを14ポイント減らしたという。2010年のiPad発売以来、最低のシェアになった。

 mini

 iPadに続くのは、韓国Samsung Electronics(GALAXYシリーズなど)、米Amazon.com(Kindleシリーズ)、台湾ASUSTeK Computer(Nexusシリーズなど)の順(ABIは発表文では2位以下のシェアを明らかにしていない)。SamsungはWindows搭載タブレットも出荷しているが、ABIは、Appleのシェアを奪ったのはAndroid勢だとしている。Android端末全体のシェアは44%を超えたという。

 10月24日に発売されたiPad miniについてABIは、「Appleはイノベーション、価格、ホリデーシーズンでの供給のいずれでも決定打を繰り出せなかった」とし、iPad miniは7インチの競合Androidからよりも他のiPadのシェアを侵食することになると予測する。

 iPad miniは発売以来品不足が続いており、現在もAppleのオンラインショップでは2週間待ちになっている。

変更履歴:本文中、「Android端末全体のシェアは45%を超えた」としていましたが、44%の間違えです。お詫びして訂正いたします。[2012/11/29 10:30]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -