ニュース
» 2012年11月30日 10時25分 UPDATE

内戦の続くシリアでネットが全面遮断

アサド政権と反政府勢力の内戦が続くシリアで、インターネット接続がほぼ完全に遮断された。シリア政府はテロリストによるものだと発表したが、CloudFlareの分析ではルータの設定変更によるものである可能性が高いという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 内戦状態が続くシリアで協定世界時の11月29日午前10時26分からインターネットが全面的に遮断された。米データ分析企業のRenesysが状況を説明している。米Googleの透明性レポートでも、Googleサービスへのトラフィックが完全になくなっているのが分かる。

 syria

 Renesysによると、シリア国内のネットワークの92%に当たる72のネットワークがアクセス不能になっているという。シリア政府はテロリストによる攻撃によるものだとしているが、広域負荷分散システムのCloudFlareの分析によると、物理的な事故ではなく、ルータ設定の変更によるもののようだという。

 シリアでは過去にも短時間ネットが遮断したことがある

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -