ニュース
» 2012年12月05日 20時57分 UPDATE

国内タブレット市場、Appleが首位キープ シェア6割

MM総研による国内タブレット端末の出荷状況調査によると、上期は前年同期比で82.1%増の193万台に。メーカー別ではAppleが首位をキープした。

[ITmedia]
photo メーカー別、OS別シェア=ニュースリリースより

 MM総研が12月5日まとめた2012年度上期(4〜9月)の国内タブレット端末の出荷状況調査によると、出荷台数は前年同期比で82.1%増の193万台に成長。メーカー別ではAppleが首位をキープした。

 Appleは118万台でシェア61.1%に。2位の富士通は22.2万台で11.5%、3位はNECの14.1万台で7.3%だった。

 3G/LTE対応モデルとWi-Fiのみのモデルでは、Wi-Fiモデルが102万台で52.8%と若干多かった。

 10インチモデルが172万台を占め、7インチ以下は21万台と1割程度。ただNexus 7やiPad miniなどの発売で、今後は7インチ以下モデルの拡大が市場底上げに貢献すると予想。12年度通期では、全体の出荷台数を前年度比6割増の450万台と予測している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -