ニュース
» 2012年12月06日 09時30分 UPDATE

「Wii U」はWeb技術を積極活用 GamePadでストリートビューを自在に

任天堂は、「Wii U」のGamePadを使い、Googleマップのストリートビューを自在に見渡すソフトを公開する。好きな方向にGamePadを向けることで、ストリートビューを360度見渡すことができるという。

[ITmedia]

 任天堂は、12月8日に発売する「Wii U」で楽しめる機能の1つとして、Googleマップのストリートビューを自在に見渡すソフトウェアの情報を公開した。好きな方向にGamePadを向けることで、ストリートビューを360度見渡すことができるという。

photo

 岩田聡社長による「Nintendo Direct」で5日に明らかにした。GamePadが搭載するジャイロセンサーで取得する向きとストリートビューを連動させ、GamePadを向けた方向にストリートビューの映像が360度滑らかに表示されるようになっている。

 岩田社長は「リビングルームにいながらにして世界中のいろいろなところに出かけるバーチャル体験や、出かける前の予行演習ができる」「身体感覚と視覚の連動性が高まり、ストリートビューの臨場感をこれまで以上に引き出すことができる」と語った。

 ソフトは来年1月末ごろから3月末までの限定でニンテンドーeショップで配信。それ以降は有料配信となる。

photo Nintendo Directでは岩田社長が実演

 岩田社長によると、「Wii UはWeb技術を活用した開発を積極的に活用しており、全てネイティブではなくWebの世界で標準的な開発手法を使うことでスピーディーに開発できた」という。「世の中のWebサービスをリビングルームのエンタテインメントとしてどのように新たに提案できるかがWii Uの価値になるが、その片鱗を見せられたのでは」としている。

 Wii Uに搭載されるソーシャル機能「Miiverese」は、はてなが開発に参加している

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -