ニュース
» 2012年12月11日 13時06分 UPDATE

Facebookのアクセス不能の原因は「DNSサーバ更新での手違い」

Facebookが、11日朝のアクセス不能の原因はDNSサーバに加えた変更で、すぐに修正して問題を解決したと説明した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookへのアクセスが12月11日朝、約30分不能になったのは、DNSサーバ更新作業の際に手違いがあったため──。米メディアThe Next Webの問い合わせに対し、Facebookがそう答えた。

 Facebookは「今日、FacebookのDNSインフラに変更を加えたが、その変更の結果幾人かのユーザーが一時的にWebサイトに接続できなくなった。われわれはすぐに問題を解決し、現在は100%正常に戻っている。ご迷惑をかけたことに対し、謝罪する」と語った。

 Facebookのステータスページの問題履歴には、今回のダウンの記録は残っていない。

 Facebookへのアクセス不能は、11日午前7時50分ごろから少なくとも約30分続いた。その間、Twitter上には世界各国からFacebookに接続できないというツイートが寄せられた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -