ニュース
» 2013年01月24日 06時35分 UPDATE

Google Docsの「プレゼンテーション」でもオフライン編集が可能に

Googleドライブ上のGoogle Docsで、「文書」に加えて「プレゼンテーション」もGoogle Chromeからオフラインで利用できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月23日(現地時間)、クラウドストレージサービス「Googleドライブ」上のGoogle Docsの「プレゼンテーション」ファイルをオフラインでも編集できるようにしたと発表した。オフライン機能は、Google Chromeでのみ利用できる。

 Google Docsの「文書」は昨年6月にオフライン対応になっている。「スプレッドシート」も間もなく対応するようだ。

 この機能を有効にすると、プレゼンテーションのファイルをインターネットに接続せずに作成、編集、表示できる。例えば客先の会議室でネットワークに接続できなくても、プレゼンテーションが可能だ。

 オフライン機能を使うには、Googleドライブの左にある「展開」をクリックすると表示される「オフラインドキュメント」をクリックし、「オフラインドキュメントを有効にする」ボタンをクリックして指示通り設定する。これで、Chromeウェブストアからオフライン操作に必要なアプリがダウンロードされ、利用できるようになる。

 offline オフライン機能を有効にする

 オフライン機能を有効にすると、ファイル一覧で対応するファイル(文書とスプレッドシート)に「オフライン」と表示される。既存のファイルも設定を変更せずにオフラインで使えるようになる。

 offline 2 対応ファイルには「オフライン」と表示される(赤い下線部分)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -