ニュース
» 2013年01月29日 07時06分 UPDATE

Apple、iOS 6.1をリリース Apple TVはBluetoothキーボードに対応

AppleがiOS 6とApple TVをアップデートした。iOS 6.1にはターゲティング広告用識別子をリセットするボタンが追加された他、脆弱性の修正が行われた。Apple TVは、Bluetoothキーボードを接続できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 ios 6.1

 米Appleは1月28日(現地時間)、iOSをバージョン6.1にアップデートしたと発表した。iPhone 5/4S/4/iPhone 3GS、iPad(第3世代と第4世代)、iPad mini、iPad 2、iPod touch(第4世代と第5世代)でアップデートが可能だ。[設定]→[一般]→[ソフトウェアアップデート]で開始する。

 日本のユーザーにとっては、セキュリティ更新と広告表示管理ボタンの追加が主な変更点だ。

 このアップデートで、LTE対応キャリアが拡大された(日本では変更なし)。iPhoneでは36、iPadでは23のキャリアが追加された。Appleのサイトで対応キャリアを確認できる。Appleによると、iOSユーザーは累計で90億枚以上の写真をPhoto Streamにアップロードし、4500億件以上のiMessageを送信したという。

 また、日本ではまだ利用できないクラウド音楽サービス「iTunes Match」で、iCloudから個別に曲をダウンロードできるようになった。

 iOS 6.1 2

 新たに追加された広告表示管理ボタンは、iOS 6から追加された広告主のためのユーザー追跡技術「Identification For Advertisers」の「Advertising Identifier(広告識別子)」をリセットできる。新しいボタンは、[設定]→[一般]→[情報]に追加された[アドバタイズ]の下に追加された。

 ワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏は発表文で、「iOS 6はリリース後5カ月で約3億台のiOS端末にインストールされており、歴代OSで最も人気のあるOSだ」と語った。

 Appleは、Apple TVでもソフトウェアアップデート(Apple TV Software Update 5.2)を実施した。これにより、Bluetoothキーボードを接続して使えるようになった。動画の検索などでの文字入力で苦労しているユーザーには朗報だ。また、次に再生される曲の確認、選択ができるようになった。

 iOS 6.1のセキュリティ関連のアップデートについては、別記事を参照されたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -