ニュース
» 2013年01月29日 11時00分 UPDATE

Twitter、開発者向け問題報告ツールのCrashlyticsを買収

Twitterが、モバイルアプリのクラッシュの原因を分析・報告するツールを手掛ける新興企業Crashlyticsを買収した。Crashlyticsはサービスの提供を続けつつ、Twitterのインフラへの新機能追加でTwitterのチームと協力していく。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterが、アプリ開発者向け問題報告ツールを提供する新興企業Crashlyticsを買収した。Crashlyticsが公式ブログで1月28日(現地時間)に発表した。サービスの提供は従来通り続けるという。

 Crashlyticsは、2011年にウェイン・チャン氏とジェフ・サイバート氏が立ち上げた非公開企業。同名サービスのCrashlyticsは、モバイルアプリ(iOSおよびAndroid)のクラッシュの原因を報告してくれるWebアプリ(Macアプリもある)。Twitterの他、PayPal、Walmart、Square、Yammerなど多数の企業が採用している。

 crashlytics コードのどの行が問題かも指摘する

 サービスの開発・提供は従来通り継続しつつ、Twitterの開発チームとともにTwitterのインフラに新機能を追加していくとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -