ニュース
» 2013年01月30日 07時48分 UPDATE

Microsoft、「Office 365 Home Premium」を発売 年額99.99ドル

Microsoftが、2011年からビジネス向けに提供しているサブスクリプションベースのオフィススイートの個人向けバージョン「Office 365 Home Premium」を発売した(日本での発売は未定)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは1月29日(現地時間)、サブスクリプションベースの個人向けオンラインオフィススイート「Office 365 Home Premium」と、デスクトップ版の「Office 2013」の各エディションをワールドワイドで発売したと発表した。なお、日本での「Office 2013」の発売は2月7日で、個人向けOffice 365の発売は未定。

 Office 365 Home Premiumは、1サブスクリプションで5ユーザーが利用でき、5台までのPC、Windows 8タブレット、Macにインストールできる。Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Access、Publisherを利用でき、SkyDriveの20Gバイト分の容量も付属する。また、1カ月に1時間分のSkype無料通話も可能だ。このエディションの価格は月額9.99ドル、年額では99.99ドル。1カ月の無料トライアルも用意されている。昨年9月の発表では、月額は8.33ドルになっていたが、変更されたようだ。

 office 1

 同日発売の学生向け「Office 365 University」は年額79.99ドル。

 日本でも提供する「Office 365 for businesses」の発売は2月27日の予定(日本での発売日は異なる可能性がある)。

 Microsoftは2010年10月に、企業向けクラウドサービスとしてOffice 365を発表した。現在、Microsoftの企業顧客の5社に1社はOffice 365を利用しているという。個人向けに提供するのは今回が初めてだ。

 スティーブ・バルマーCEOは「Microsoftをソフトウェアメーカーから端末とサービスを提供する企業に変貌させるために、われわれは大きな賭けに出て、事業を新たな方向にシフトしている。今日のOffice 365 Home Premiumの発表は、その大きな一歩だ。これは、われわれの“いつもオンで、常につながっている生活(always-on, always-connected lives)”に欠かせないプロダクティビティサービスだ」と語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -