ニュース
» 2013年01月30日 15時50分 UPDATE

Samsungとワコムが資本・業務提携 電子ペン技術で協力強化

ワコムにSamsungが資本参加。GALAXY Noteなどに採用されている電子ペン技術を活用した製品の開発期間短縮などで協力していく。

[ITmedia]
photo ワコムの電子ペン技術が採用されているGALAXY Note II

 ワコムは1月30日、韓国Samsung Electronicsと資本・業務提携すると発表した。Samsungはワコム発行済み株式の約5%を取得し、資本参加する。ワコムのペンタブレット技術はSamsungの「GALAXY Note」などに採用されており、協力関係を強化していく。

 業務提携では、スマートフォン・タブレット分野での新商品の製品化期間の短縮や供給体制の強化など、広い範囲で戦略的なパートナーとして協力していく。

 ワコムは発行済み株式の約5%に当たる自己株式をSamsung Asiaに割り当てる。約53億円を調達し、Samsung向け製品開発・供給体制の強化に充てる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -