ニュース
» 2013年01月30日 16時22分 UPDATE

任天堂、Wii Uと3DS販売見通しを下方修正 今期も営業赤字に

任天堂がWii Uの販売見通しを下方修正。3DSの見通しも再び下方修正する。

[ITmedia]

 任天堂は1月30日、2013年3月期の連結業績予想を下方修正し、売上高は前回予想から1400億円減の6700億円、営業損益は同400億円減の200億円の赤字となる見通しだと発表した。「年末商戦の販売動向とその後の状況を踏まえた結果」としている。

photo Wii U

 年末商戦向けに発売した据え置き型ゲーム機の新製品「Wii U」は当初ハード550万台・ソフト2400万本の販売を見込んでいたが、400万台・1600万本へと大幅に下方修正するのが響く。12月末までの販売数は306万台・1169万本。

 また10月に下方修正していたニンテンドー3DSの販売見通しも再び引き下げ、前回ハード1750万台・ソフト7000万台としていたのを1500万台・5000万本とする。

 円安傾向から前提為替レートを見直した結果、経常損益は前回予想から100億円増の200億円、最終損益は80億円増の140億円を確保する見通し。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -