ニュース
» 2013年02月06日 22時39分 UPDATE

GoogleドライブにWebホスティング機能が追加

Googleドライブに公開設定のフォルダを作り、Webページの構成要素をアップロードすることで、Googleドライブ上でWebページを公開できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月5日(現地時間)、クラウドストレージサービス「Googleドライブ」にWebホスティング機能を追加したと発表した。

 使い方は以下の通り。

  1. Googleドライブに新規フォルダを作成し、公開設定にする
  2. フォルダにWebページを構成するHTMLファイルやCSSファイルなどの一式をアップロードする
  3. フォルダ内のHTMLファイルを開く
  4. 編集ページのメニューバーにある「プレビュー」をクリックする(下図A)
  5. 表示されたページのURLが公開ページのURLになる(下図B)
 hosting 1 図A
 hosthing 2 図B

 このURLを告知すれば、Webページを公開したことになる。

 Googleドライブは共同編集もできるので、正式公開前のWebページのサンプル制作などに活用できそうだ。

 なお、Googleは2008年からWebサイト構築ツール「Google Sites」を提供している。これには、多数のテンプレートが用意されており、HTMLの知識がなくても基本的なWebサイトが構築できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -