ニュース
» 2013年02月22日 12時58分 UPDATE

ニコン、Android搭載デジタルカメラでMicrosoftにライセンス料支払い

Microsoftとニコンが、ニコン製Androidデジカメに関する特許ライセンス契約を結んだ。ニコンがMicrosoftに特許使用料を支払う。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは2月21日(現地時間)、ニコンと特許ライセンス契約を結んだと発表した。ニコンが製造・販売する米GoogleのAndroid搭載カメラについて、Microsoftが特許使用料を受け取る。金額などの契約の詳細は公表されていない。

 nikon COOLPIX S800c

 ニコンは昨年9月、Android 2.3.3搭載コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S800c」を発売した。実売想価格は4万8000円前後。

 Microsoftは発表文で「デジタルカメラ業界のリーダー企業と協力できることを誇りに思う」と語った。同社はこれまで、Samsung、HTC、Acer、オンキヨー、Barnes & NobleなどとGoogle関連製品のライセンス契約を結んでいる。米Goldman Sachsは、Microsoftがこうしたライセンスにより、Android端末1台当たり3〜6ドルを獲得しているとみている。

 Google傘下のMotorolaはMicrosoftと契約を結んでおらず、現在両社は係争中だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -