ニュース
» 2013年02月28日 09時29分 UPDATE

Samsung、AppleのPassbookのような新機能「Samsung Wallet」を発表

Samsungが、チケットや搭乗券、クーポンをまとめて管理するモバイルアプリ「Samsung Wallet」を発表した。初期パートナーにはルフトハンザやエクスペディアが名を連ねる。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 wallet 1

 韓国Samsung Electonicsは2月27日(現地時間)、スペインのバルセロナで開催した開発者向けカンファレンス「Developer Day」において、「Samsung Wallet」を発表した。SamsungはSamsung Walletを「ユーザーがイベントチケット、飛行機の搭乗券、メンバーズカード、クーポンをまとめて保存・管理するための便利なモバイルアプリ」と説明している。米AppleがiOS 6に搭載した「Passbook」と非常によく似ている。

 wallet 2

 パートナー企業は「Samsung Wallet API」を使うことで、チケットやクーポンをSamsung Walletに追加できる。APIは現在、航空企業のLufthansaやオンライン旅行会社のExpediaなど一部のパートナー企業にのみ提供されているが、5月には一般公開するという。

 Samsung Walletは、インストールした端末の位置情報に基いて、ユーザーがWallet加盟パートナーの店舗の近くに行くとプッシュ通知を表示する他、メンバーカードのポイント情報や搭乗券の変更情報なども通知する。

 Walletのチケットやクーポンにはバーコードが含まれており、このバーコードの読み取りで決済する。NFCは少なくとも立ち上げ段階では採用しないようだ。

 wallet 3

 同アプリは、Android 4.0(コードネーム:Ice Cream Sandwich)搭載のGALAXY S III、GALAXY Note、GALAXY Note IIで利用できるようになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -