ニュース
» 2013年03月07日 11時29分 UPDATE

「iPhone」という名前は「Tripod」になるところだった 元Apple幹部談

「iMac」の名付け親として知られるケン・シーガル氏によると、iPhoneの名前として「Tripod」などが候補に挙がっていたという。

[ITmedia]

 元Appleのクリエイティブディレクターで「iMac」の名付け親としても知られるケン・シーガル氏が3月4日、アリゾナ大学エラーマネジメントカレッジで行った講演で、Apple製品のネーミングについて語った。

photo

 例えば、iPhoneは当初、“電話ができるiPod”ということで「TelePod」になる可能性があったという。他にも「Tripod」(電話、音楽、インターネットの3つの機能があるから)や、後にタブレットの名称として採用された「iPad」も候補に上がっていたという。

 シーガル氏はNeXTでスティーブ・ジョブズ氏に採用され、ジョブズ氏のApple復帰後にはAppleで伝説のキャンペーン「Think Different」の制作にかかわった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -