ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2013年03月18日 10時33分 UPDATE

シャープへのQualcomm第2次出資が延期に 協議を継続

シャープに対し米Qualcommが実施予定の第2次増資について、当初予定していた3月29日までの払い込みはいったん見送りに。

[ITmedia]

 シャープは3月18日、米Qualcommを引受先とする第2次第三者割当増資について、当初予定していた29日までの払い込みを見送ることになったと発表した。払い込み条件について協議が完了していないためで、今後も協議は継続するという。

 シャープとQualcommは昨年12月、シャープが実施する総額1億2000万ドル(約99億円)の第三者割当増資をQualcommが引き受ける形で出資することに合意。出資は2回に分けて行われ、まず12月末払い込みの第1回で約49億円の増資を行い、その後3月29日予定の2回目で残りを実施する予定だった。

 第2次増資は、Qualcomm子会社が持つ「MEMSディスプレイ」モジュールの仕様確立や設備導入の計画などについて両社で確認し、さらに今年度下期の営業黒字化などを条件として行うとしていた。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.