ニュース
» 2013年03月21日 07時06分 UPDATE

Googleドライブで同期するメモツール「Google Keep」登場 音声やカメラでの入力も可能

Googleが、Android端末とデスクトップで使えるメモツール「Google Keep」を公開した。音声入力や端末のカメラで撮影した写真もメモでき、Googleドライブでリアルタイムで同期する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月20日(現地時間)、WebブラウザとAndroid端末で使えるメモツール「Google Keep」を発表した。Google PlayでダウンロードできるAndroid版は、Android 4.0.3(コードネーム:Ice Cream Sandwich)以降に対応する。

 keep 1 覚書を付せんのように表示するKeepの画面。写真もメモとして貼れる

 1つのGoogleアカウントでログインしてGoogle Keepで作成したメモは、そのアカウントのGoogleドライブに保存されるので、デスクトップからも、他のAndroid端末からもリアルタイムでチェック/編集できる。デスクトップからは、WebブラウザでGoogleドライブのURLを開く。

 keep 2 PCのWebブラウザ(Google Chrome)で開いたGoogle Keep

 メモの作成は、テキスト入力の他、音声でも、端末のカメラでも可能。音声入力はテキストに変換され、音声としても保存される。カメラで撮影した画像にはメモを添えられる。

 写真以外のメモは7色に色分けでき、優先順位をドラッグで変更できる。完了したメモはスワイプしてアーカイブする。

 Android用のウィジェットがあるので、ホーム画面でメモをチェックできる。Android 4.2(コードネーム:Jelly Bean)以降の端末では、ロック画面用ウィジェットも利用可能だ。

 keep 3 左から、音声入力画面、ウィジェット、ロック画面のウィジェット

 当然ながら共有機能も搭載しており、各メモは、Google+、Facebook、Twitter、Instagram、Picasaなどで共有できる。

 数週間後には、Googleドライブから直接アクセスできるようにするという(現在はGoogleドライブを開いてもKeepのフォルダは見えない)。

 複数の端末で同期して活用できるメモツールとしては米Evernoteの同名アプリが人気だ。Google Keepには今のところ、Evernoteにあるようなファイル添付機能や、Webページをクリップする機能などは搭載されていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -