ニュース
» 2013年03月21日 10時50分 UPDATE

Amazon、WebページをKindleに転送する「Send to Kindle」ボタンを発表

Amazonが、Webページに設置する「Send to Kindle」ボタンを公開した。Webサイトの訪問者はこのボタンをクリックすることで、ページを自分のKindleクラウドに転送できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは3月20日(現地時間)、Webサイトの訪問者がページをKindleに転送するための、Webサイトオーナー向けボタンツール「Send to Kindle Button」を発表した。既に、米TIME、米Washington Post、米Boing Boingがこのボタンを各ページに設置している。

 kindle 1 TIMEに設置されたSend to Kindle Button(右下)

 後で読みたいWebページなどでこのボタンをクリックすると送信設定ウィンドウが表示され、ここで[Send]ボタンをクリックするとページがKindleのクラウドに転送される。最初にボタンをクリックしたときに、Amazonのアカウントとの関連付けと、送信先の端末などを設定する。

 kindle 2 転送設定はこのウィンドウで変更できる

 転送されたページにはテキスト内のリンクなどは生きているが、画像や広告は含まれない。

 kindle 3 転送したページをiPadで開いたところ

 Webオーナーは、開発者向けページから無料でボタンを利用できる。WordPress版も用意されている。

 Amazonは、PCとMacからMicrosoft Wordファイルや画像などをアップロードするための無料アプリや、Webページを転送するGoogle ChromeとFirefox向けの無料拡張機能を、「Send to Kindle」シリーズとして公開している。

 Webページを転送してオフラインで読めるようにする機能は、米Evernoteや米Instapaperも提供している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -