ニュース
» 2013年04月03日 11時04分 UPDATE

Microsoft、Outlook.comのカレンダーを更新 Windows 8風デザインに

現在“Hotmail”のラベルが付いているOutlook.comのカレンダーが今週中にアップデートされ、デザインがWindows 8風になる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは4月2日(現地時間)、昨年8月に公開したWebメールサービスOutlook.comをアップデートしたと発表した。今週中に全ユーザーが新しいユーザーインタフェースを利用できるようになるという。

 今回のアップデートでデザインが大きく変更になり、Windows 8のデザインと統一感が出た。なお、Windows 8の標準アプリであるカレンダーは3月25日にアップデートされている。

 calendar 1 新しいカレンダー
 calendar 2 アップデート前。Outlook.comのトップページでロゴの右にある▼から「カレンダー」を選択すると、このHotmailのカレンダーが開く

 デザイン変更以外の主な新機能は以下の通り。

新規予定作成が1クリックに

 従来は日付を2回クリックしないと新規予定を作成できなかったが、これが1クリックで予定作成ダイアログを開けるようになった。

モバイル端末やWindows 8のカレンダーとの同期

 Windows Phone端末はもちろん、iOSおよびAndroid搭載端末と、Windows 8の標準アプリのカレンダーとも予定を同期できる。モバイル端末との同期方法はMicrosoftのページを参照のこと。

 また、Microsoftは既にある機能についても改めて紹介している。

Facebookの友達の誕生日を表示

 MicrosoftアカウントはFacebook、Skype、LinkedInと接続でき、例えばFacebookの友達の誕生日が自動的にカレンダーに表示される。

 Googleカレンダーとの同期はできないが、MicrosoftはGoogleカレンダーのエクスポート方法へのリンクを示し、Outlook.comのカレンダーへの乗り換え方法を紹介している。

カレンダーの共有

 Googleカレンダーと同様に、カレンダーを他のユーザーと共有できる。共有したいユーザーのメールアドレスを追加して[Share]ボタンをクリックする。オーナーは、各共有ユーザーの権限(閲覧のみ、編集可能、など)を設定できる。

 calendar 3 カレンダー共有の設定画面

変更履歴:Hotmailのカレンダーに既にあった機能(カレンダーの共有とFacebookの誕生日表示)を新機能として紹介してしまいました。お詫びして訂正します。[2013/4/3 13:10]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -