ニュース
» 2013年04月03日 18時09分 UPDATE

見失った鍵、“鳴らして”発見 iPhoneから鍵を見つけられる「キーファインダー」

見失った鍵のありかをiPhoneから探せる「キーファインダー」がデンソーから。iPhoneの専用アプリからBluetooth経由で受信機のブザーを鳴らし、鍵のありかを特定できる。

[ITmedia]
画像 キーファインダーと専用アプリ

 鍵をどこに置いたっけ──こんな時に鍵のありかをiPhoneから探せる「キーファインダー」をデンソーが4月22日から順次発売する。牛革キーホルダーにBluetooth受信機を収納した小型の端末で、鍵に取り付けておけば見失った際にiPhoneの専用アプリからBluetooth経由で受信機のブザーを鳴らし、鍵のありかを特定できる仕組みだ。3980円。

 アプリはiPhone 4S/5に対応し、App Storeから無料でダウンロードできる。アプリを起動しておけば、受信機のボタンを押してiPhoneのブザーを鳴らすことも可能。iPhoneとキーファインダーの距離が一定以上離れると、それぞれのブザーを鳴らして知らせる機能も備えた。

 ブザーを鳴らせる距離は最大20メートル。間に壁など障害物があると電波が届かず、ブザーが鳴らないことがある。

 サイズは約83(高さ)×24(幅)×9(奥行き)ミリ、重さは約20グラム(電池含まず)。ボタン型電池(CR2032)×1個で、約200日使用できる。

 全国約700店のデンソーサービスステーションなどを通じて販売。今後、Androidアプリも開発するほか、海外での販売も検討する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -