ニュース
» 2013年04月08日 18時39分 UPDATE

ソニー、56インチの4K有機ELディスプレイ開発

ソニーが4Kに対応した56インチと30インチの業務用有機ELディスプレイを開発。「NAB」で技術展示する。

[ITmedia]
画像 開発中の業務用有機ELモニター

 ソニーは4月8日、4Kに対応した56インチと30インチの業務用有機ELディスプレイを開発したと発表した。

 56インチは3840×2160ピクセル表示、30インチは4096×2160ピクセル表示に対応。4月7日に米ラスベガスで開幕した放送機器展「NAB」で技術展示する。

 2014年中に30インチの4K有機ELディスプレイ発売を視野に入れ、開発を進める。

 従来から販売していた放送業務用有機ELディスプレイ「TRIMASTER EL」(トライマスター イーエル)シリーズには、視野角による色の変化を従来のモデルの半分以下に改善した17〜25インチの計6モデルを投入し、ラインアップを刷新する。

4K/HD用フォーマット「XAVC」拡張 MP4採用の「XAVC S」も

 業務用カメラ「CineAlta 4Kカメラ」で採用してきた4K/HD映像用のビデオフォーマット「XAVC」を拡張することも発表した。従来の「XAVC Intraフレーム方式」に加え、圧縮率を高めた「Long GOP方式」を採用。民生用機器での扱いやすさを考慮し、MP4ファイルを採用したビデオフォーマット「XAVC S」も追加し、業務用から民生用までトータルにカバーするフォーマットにする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -