ニュース
» 2013年04月10日 16時46分 UPDATE

「KORG M01D」登場、3DSでパワーアップ SDカードにセーブ・MIDIデータ出力可能に

往年のデジタルシンセを再現した3DSソフト「KORG M01D」が登場。同時発音数など、DS版からパワーアップしている。

[ITmedia]

 DETUNEは4月10日、コルグと共同開発したニンテンドー3DS向けダウンロード専用音楽ソフト「KORG M01D」を5月にリリースすると発表した。ニンテンドーDS向けに発売した「KORG M01」をパワーアップ。ネット経由でのソングデータの交換などが可能になっている。価格は3000円。

photo パワーアップした「KORG M01D」

 コルグが1988年に発売したデジタルシンセサイザーの名機「KORG M1」をモデルにした音楽ソフト。DSソフト「KORG M01」では80年代を彩ったM1の全音色など300種類以上の音色を搭載し、タッチペンを使って曲作りを楽しめた(昨年12月に生産完了)。

 「KORG M01D」は3DS用に最適化した新ソフト。最大発音数は24音とM01から倍増する上、ネットやすれ違い通信を活用してユーザー間のソングデータ交換が可能に。また3DSのSDメモリーカードにソングデータとMIDIデータのセーブが可能になり、「プロのアイデアスケッチ用ソフトとしても十分に活用できる」としている。

 KORG M1の全PCM波形データなど342音色や、8トラックシーケンサーなど、KORG M01の全機能も継承している。

 M01は国内限定販売だったが、M01Dは夏ごろに海外販売も予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -