ニュース
» 2013年04月11日 06時47分 UPDATE

Mozilla、「Firefox OS」を推進したゲイリー・コバックスCEOの退任を発表

2010年にCEOに就任し、Firefox OSをはじめとするMozillaのモバイル戦略を推進してきたゲイリー・コバックス氏が、「目標を達成した」として年内に退任する。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 gary ゲイリー・コバックスCEO

 Mozillaは4月10日(現地時間)、Mozilla Corporationのゲイリー・コバックスCEOが年内に退任すると発表した。同氏は取締役として留まる。Mozillaは後任探しを始めたという。

 コバックス氏は2010年10月、同社3代目のCEOに迎えられ、モバイル戦略を推進した。特にFirefox OSでのパートナー企業との提携で手腕をみせた。同氏は米Nuanceに買収されたカナダのモバイル企業Zi Corporationや米Adobe Systemsでモバイル関連の幹部を務めた経験を持つ。

 Mozillaは、Firefox OS、HTML5アプリ、「Firefox for Android」などの構築でMozillaにモバイルDNAが組み込まれ、コバックス氏は目標を達成したとしている。

 Firefox OSは今後、同日COO(最高執行責任者)に任命されたジェイ・サリバン氏が統括する。また、Firefox OSの端末パートナー関連はモバイル端末担当上級副社長に任命されたリー・ゴン氏が担当する。

 ミッチェル・ベイカー会長は会長としての役割を拡大し、通常業務により深く関与するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -