ニュース
» 2013年04月12日 16時57分 UPDATE

LinkedIn、ニュースリーダーのPulseを9000万ドルで買収

ビジネスSNSのLinkedInが、ニュースリーダーアプリ企業のPulseを買収する。Pulseのアプリは今後も提供を続け、PulseのチームはLinkedIn内の情報ツール構築にも従事する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ビジネスSNSの米LinkedInは4月11日(現地時間)、ニュースリーダーアプリを手掛けるPulseを買収することで合意に達したと発表した。買収総額は約9000万ドルで、取引は第2四半期中に完了する見込み。

 Pulseは2010年創業のサンフランシスコに拠点を置く非公開企業。ビジュアル重視の同名のニュースリーダーをiOSとAndroid、Web向けに提供している。世界の750以上のパブリッシャーのコンテンツがPulseに配信されており、現在日本を含む190カ国で3000万人以上が利用しているという。

 pulse Android版Pulse

 買収完了後もPulseは現行のサービスの提供を継続する。Pulseには新たに、LinkedInのコンテンツである「LinkedIn Influencer」のフィードが加わった。Infuencerは、ジャック・ウェルチ氏やバラク・オバマ米大統領など、LinkedInのアカウントを持つ影響力のある人々のアクティビティをフォローする機能だ。

 influence LinkedIn Influencer

 PulseのチームはLinkedIn参加後、独立アプリとしてのPulseの開発と並行して、LinkedIn内のコンテンツ消費ツール構築に従事する。

 LinkedInには、2011年にスタートした独自のニュースページ「LinkedIn Today」がある。LinkedInは、「われわれはLinkedInをプロフェッショナル向け出版プラットフォームの決定版にできると信じている」とし、その目標を実現するために、Pulseは最適だと語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -