ニュース
» 2013年04月19日 19時02分 UPDATE

ネットの世界の入り口に──子ども向けAndroidタブレット「MEEP!」を見てきました

トイザらスが発売するタブレット「MEEP!」は、子ども向けながら本格的な7インチAndroidタブレットだ。

[山崎春奈,ITmedia]

 日本トイザらスは、子ども向け7インチタブレット「MEEP!」(1万4999円)を4月26日に発売する。子ども向けながらAndroid 4.0を搭載する本格的なタブレットで、子どもが持ち歩いて落としても安心な本体や、ペアレンタルコントロールなど安全に配慮した機能も備えている。使い勝手などを一足早く体験してみた。

photo

 MEEP!は米Oregon Scientific製のタブレット端末。昨年9月に米国で発売されてから数カ月で25万台以上を販売したという。

 ディスプレイは7インチ(800×480ピクセル)。タッチパネルは感圧式で、ペン操作や手袋を付けた状態での操作も可能だ。512MバイトRAM/4Gバイト内蔵ストレージに加えmicroSDカードスロットも搭載し、30万画素カメラで写真も撮れる。

 本体はプラスチックで、シリコン製カバーで保護されているため、落としたりぶつけたりした場合にも安心という。「みなさんのスマートフォンやタブレットで遊んでいるお子さんの姿を見て、壊されないか緊張した経験がある保護者のみなさんは多いはず。お子さん自身に気軽に持ち歩いてもらい、『わたしのタブレット』と愛着を持ってもらえれば」(商品部長 山田次郎さん)という。重さは450グラム。

 保護者が子どもの利用状況を管理できるペアレンタルコントロール機能を持つのが大きな特徴だ。Webフィルタリングのほか、Webブラウザやアプリの使用履歴の確認も可能。ゲームや動画、ネットなど各メニューの1日の使用時間を制限できるため「1日1時間までと約束したでしょ!という親子げんかもなくなります」(開発担当マネージャーの稲見直哉さん)。

photo アプリやゲームなど、メニューごとに使用時間が決められる。画像では「無制限」
photo アプリを購入する際のコインも保護者側の管理画面で購入できる

 ペアレンタルコントロールの管理画面は保護者がPCやスマートフォンなどからWebブラウザからログインして設定でき、本体は必要ない。専用のスマートフォンアプリも用意し、Android版はすでに公開済み、iOS版も近日リリースの予定だ。

photo マーチャンダイズ本部 執行役員 ポール・ウィンズローさん

 同社のポール・ウィンズロー執行役員によると、欧米では既に子ども向けタブレット市場が拡大しているが日本ではMEEP!が初になるという。日本市場向けに、独自ブラウザとは別に「Yahoo!きっず」のページを開くメニューを追加。「インターネットの入口として最適なコンテンツ。日本向けに商品を展開する際には必ず入れたかった」(商品部長の山田次郎さん)という。

 メニューなど操作部分は全て日本語化しているが、プリインストールされているゲームには、一部を除きあえて英語インタフェースを残した。「Angry Birds」など直感的にわかるゲームを通じて「英語にも親しんでもらえるのでは」と英語教育にも役立つ点をアピールする。

 安全性を高めつつも「ネットを通じて世界を広げてもらう」ことを重視し、専用の「MEEP! Store」だけでなく「Google Play」からのアプリのダウンロードや、ブラウザやYouTubeでの自由な検索もできるようにするなど、制限をかけすぎないよう配慮しているという。ウィンズロー執行役員は「安全に使える子ども向けタブレットをインターネットの世界の入口とし、自分で世界を広げていく楽しさを感じてほしい」と話している。

photo ゲーム「Angry Birds」を起動した様子
photo サイドにシリコン製カバーがあることで握りやすくすべりにくい。落下に備え背面も保護する

photo 「MEEP! Store」にはメディア、ゲーム、アプリ、E-ブックス、の4つのカテゴリで合計約1200個のアプリを揃える
photo 本体側でペアレンタルコントロール機能の管理画面を起動することもできる

photo スマートフォンアプリやブラウザ(保護者側管理画面)とMEEP!本体のあいだで親子でチャットを楽しめる
photo 指定された有害単語が含まれるページはブロックされるが、一般的なサイトのブラウジングに制限はない。ITmediaニュースのサイトも問題なく閲覧できた(セキュリティレベルを高め、指定サイトのみ表示可能にすることもできる)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -