ニュース
» 2013年05月02日 11時46分 UPDATE

iOS版Kindleアプリ、アップデートで視覚障害ユーザー向け読み上げ機能をサポート

iOS版Kindleアプリがバージョン3.7になり、VoiceOverによるアクセシビリティ機能が搭載された他、日本向けの追加フォントセレクションとして、ヒラギノ明朝 ProNが加わった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは5月1日(現地時間)、iOS版Kindleアプリをバージョン3.7にアップデートした。AppleのVoiceOver機能による音声での操作サポート、コンテンツの読み上げが可能になった。

 音声でのサポートを利用するには、iOS端末の[設定]→[一般]→[アクセシビリティ]→[ホームボタンをトリプルクリック]で「VoiceOverを切り替える」を有効にするといいだろう。

 kindle 1 試すだけであればVoiceOverをオンにせず、切り替えられるようにした方がいいだろう

 VoiceOverを有効にしていると、Kindleライブラリの操作の音声での説明やページの読み上げが可能になる(ただし、日本語環境だと英文の読み上げの発音が日本語的になる)。1行ずつの読み上げも可能で、ページ全体を読み上げている場合は、最下行まで読み上げると自動的に次のページに移動する。

 また、日本向けの追加フォントセレクションとして、ヒラギノ明朝 ProNが加わった。

 「移動」メニュー(コンテンツ表示時に左上に表示される本を開いた形のアイコン)に「本を閉じる前に」という項目が追加され、ここから本のレビューや評価ができるようになった。

 kindle 2

 アクセシビリティ機能は、他のプラットフォーム向けにも近いうちに提供するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -