ニュース
» 2013年05月07日 11時05分 UPDATE

3Dプリンタで作るプラスティック銃「Liberator」、発砲成功

テキサス大学ロースクールの学生らが立ち上げた“武器保有の自由を守る”非営利企業Defense Distributedが、撃針以外をすべて3Dプリンタで製造したプラスティック銃「Liberator」を発砲する動画を公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 銃器製造技術関連の米非営利企業Defense Distributedが5月6日(現地時間)、3Dプリンタで製造したプラスティック製の銃「Liberator」で発砲する動画を公開した。

 liberator 1

 Liberatorは、撃針(と弾丸)以外はすべて3Dプリンタで出力したものという。

 liberator 2 Liberatorの部品

 動画には「本日ダウンロード提供開始」とあるが、ダウンロードページは本稿執筆現在、開けなくなっている。

 Defense Distributedは、テキサス大学ロースクールの学生、コーディ・ウィルソン氏らが設立した非営利企業で、米連邦政府が認める武器へのアクセスの自由を守るのが目的という。米国の法律下では、銃の3Dプリントデータを無償でダウンロード提供するのは合法だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -