ニュース
» 2013年05月09日 10時00分 UPDATE

Facebook主導のOpen Compute Project、ネットワーク技術のプロジェクトを立ち上げ

データセンター技術のオープンソース化を目指すプロジェクトOCPが、現在ブラックボックスになっているラックスイッチ技術のオープンソース化を目指す新プロジェクトを発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook主導のデータセンター技術のオープンソース化プロジェクト「Open Compute Project(OCP)」は5月8日(現地時間)、オープンでプラットフォームを問わないトップオブラックスイッチのための仕様を開発するための新たなプロジェクトを立ち上げたと発表した。

 OCPは、Facebookが2011年4月に自社のサーバとデータセンターの設計仕様をオープンソース化して発足させたプロジェクト。これまでにラック、ストレージ、マザーボードなどのオープンな設計を公開しており、米Intel、米AMD、米Rackspace、日立、NTTデータをはじめとする50社以上が参加している。

 Facebookのハードウェア設計およびサプライチェーン担当副社長で、OCPの会長を務めるフランク・フランコスキー氏は発表文で、「われわれは短期間でスケーラブルでより効率のいいオープンなデータセンター技術を構築してきたが、それらを接続するために、いまだにユーザーが自由に変更できない“ブラックボックスの”スイッチを使っている」とし、ネットワーキングハードウェアのイノベーションを促進するオープンなスイッチの提供を目指すと語った。

 このプロジェクトはFacebookのネットワークエンジニアリングチームの責任者、ナジャム・アフマド氏が担当し、米Big Switch Networks、米Broadcom、Intel、米EMC傘下のVMwareなどが参加する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -