ニュース
» 2013年05月14日 20時21分 UPDATE

14インチ3200×1800ピクセル・262ppi──シャープ、ノート向けIGZO液晶3タイプ生産へ

シャープがノートPC用としては業界最高水準の画素密度となるIGZO液晶パネル3タイプの生産を始める。

[ITmedia]

 シャープは5月14日、ノートPC向けIGZO液晶パネル3タイプの生産を6月から亀山第2工場(三重県)で開始すると発表した。画素密度はノートPC用パネルとしては業界最高水準だとしている。

 15.6インチ/3200×1800ピクセル(WQHD+、235ppi)、14インチ/3200×1800ピクセル(262ppi)、11.6インチ/2560×1440ピクセル(WQHD、253ppi)──の3タイプ。IGZOの採用で薄膜トランジスタ(TFT)を小型化し、光の透過率が向上して高画質化・低消費電力化。ペン入力可能なタッチパネル対応設計も可能としている。

 1月には13.3インチ/2560×1440ピクセル(221ppi)パネルの量産を開始している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -