ニュース
» 2013年05月15日 20時25分 UPDATE

防水モデル初、プロジェクター内蔵「ハンディカム」

防水モデル初のプロジェクター内蔵ハンディカムが登場。水深10メートルの防水性能を備えている。

[ITmedia]
画像

 ソニーは、デジタルビデオカメラ「ハンディカム」シリーズ新製品として、水深10メートルの防水性能を備え、プロジェクターを内蔵したモデル「HDR-GWP88V」を、6月21日に発売する。プロジェクターを内蔵した防水ハンディカムは初。オープン価格で、実売予想価格は6万円前後。

 防水性能を生かし、シュノーケリングやプールで利用可能。マイナス10度の環境下でも使用できるため、スキーやスノーボードなどウィンタースポーツでも雪や温度を気にせず撮影できるとしている。内蔵プロジェクターを使い、撮影した映像を宿泊先などで映写したり、スポーツの映像を大画面に投影してフォームを確認するといったことが可能だ。

 裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」を搭載。動画撮影時で最大29.8ミリ(35ミリ換算)の広角撮影が可能な「Gレンズ」を採用した。10倍の光学ズームレンズに加え、フルハイビジョン画質で17倍の高倍率で撮影できる「エクステンデッドズーム」機能を備えている。

 サイズは40(幅)×108.5(高さ)×70(奥行き)ミリ、重さは約235グラム(バッテリー含む)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -