ニュース
» 2013年05月21日 19時39分 UPDATE

MacとPC用ジェスチャー制御端末「LEAP Motion Controller」、7月22日発売へ

Leap Motionが昨年5月に発表し、ソフトウェアのバグ修正で発売が遅れているMacおよびWindows向けジェスチャー操作システム「LEAP Motion Controller」が、7月22日に79.99ドルで発売される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Leap Motionは5月20日(現地時間)、MacとWindowsでのジェスチャー入力を可能にする「LEAP Motion Controller」でWindows 8を操作しているデモ動画を公開した。

 leap 1 Windows 8のタイルの位置を変更したり、Google検索を使う様子が紹介されている

 同社は昨年5月、「LEAP」という名称で同端末を発表し、2013年1月までに69.99ドルで発売するとしていたが、その後ソフトウェアのバグ修正のために出荷が遅れ、現在の出荷予定は7月22日。販売価格も当初より10ドル高くなり、現在79.99ドルで予約を受け付けている(2月27日までに予約した顧客に対しては、69.99ドルで提供する)。昨年の発表段階では、iMacを操作するデモ動画が公開された。

 leap 2

 PC側の要件は、Windows 7/8あるいはMac OS X 10.6 Snow Leopard、AMD Phenom IIあるいはIntel i3/i5/i7、RAMは2Gバイト以上、USB 2.0ポート、インターネット環境。

 Windows 7および8では、既存のアプリをそのままジェスチャーで操作できるという。Mac OS X版については“間もなく”紹介できるとしている。

 同社はまた、7月の端末発売に合わせ、専用アプリストア「Airspace」を開店する計画。サードパーティー製のジェスチャー入力に特化したペイントソフトやゲーム、教育ソフトなどさまざまなカテゴリのアプリを販売する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -