ニュース
» 2013年05月27日 19時53分 UPDATE

“クラウドゲーム機”「G-cluster」発売 ストリーミングで本格ゲーム

本格アクションから囲碁将棋まで、ネット経由で好きなゲームを選び、コントローラはスマホで――ゲームプログラムの処理をサーバ側で行うクラウドゲーム機「G-cluster」が発売される。

[ITmedia]

 ブロードメディアは5月27日、ネット経由で本格的なゲームを楽しめるという家庭用ゲーム機「G-cluster」を6月20日に発売すると発表した。ゲームディスクなどは不要で、サーバ側で処理を全て行い、映像と音声を端末に配信して家庭用テレビに表示するストリーミング方式で、当初は約50タイトルを提供し、「アサシンクリード2」など本格的なタイトルも登場する予定。本体は9980円、コントローラー同梱の基本セットが1万3800円。

photo

 「G-cluster」はテレビに直接接続し、Wi-Fi環境を利用してゲームを楽しむ“クラウドゲーム機”。遊びたいゲームをポータル上で選んですぐに実行できるのが特徴で、ゲームディスクは必要なく、セーブデータもクラウド上に保存される。推奨Wi-Fi環境は3Mbps以上。コントローラは市販のPC向けゲームパッドが利用できるほか、スマートフォンやタブレットでも操作できる。

photo G-clusterの仕組み

 発売時に提供されるゲームは約50タイトルで、今後も順次追加予定。アサシンクリード2や「H.A.W.X. 2」などの本格ゲームに加え、「Lego Harry Potter Years 1-4」などの家族向けゲームや将棋やパズルもそろえ、「コアなゲーマーにもライトユーザーにも満足してもらえるラインナップ」(橋本太郎社長)という。

photo 橋本太郎社長

 購入したタイトルを1年間遊べる単品プラン(525円〜2940円)と、約30タイトルを自由に遊べる月額500円プランを用意する。初回購入時には月額料金が最大2カ月無料となるキャンペーンを実施予定。

 本体は49×90×11ミリで45グラムの手のひらサイズ。HDMIでテレビに接続する。ゲームソフトがサーバ上で実行されるため、ユーザー側に高スペックなインフラが不要で、サーバ側の処理速度を高め、高画質で高速レスポンスを実現したという。フランスで提供している同社プラットフォームを利用したゲームサービスではレイテンシに関するクレームはほとんどないと言う。「画質とスピード、クラウドゲームはここまできたとお見せしたい」と意気込む。

 「家族の中心にあるゲームを作りたかった」(橋本社長)と、大切にしたのは生活に溶け込む感覚。「従来の据え置きゲーム機のように機器やコードが邪魔にならず、『片付けなさい』と怒る必要もなくなります」(橋本社長)。ゲームの他に、ビデオオンデマンドサービス「T's TV」に対応し、3000種類以上の映画をレンタル・視聴することも可能。テレビを中心に家族みんなで楽しむことも、1人1人の好みに合わせてコンテンツを選ぶこともできるとアピールしている。

photo 本体をテレビに接続した様子

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -