ニュース
» 2013年05月28日 18時46分 UPDATE

東芝、4K「REGZA」発売 実売1インチ1万円切る58V型も

4Kパネルを搭載した液晶「レグザ」を6月下旬に発売。84V/65V/58V型をラインアップした。

[ITmedia]
画像

 東芝は5月28日、4Kパネル(3840×2160ピクセル表示)を搭載した液晶テレビ「レグザZ8Xシリーズ」を6月下旬から順次発売すると発表した。価格は、84V型が168万円。65V/58V型はオープンで、実売予想価格は65V型が75万円前後、58V型が50万円前後と、58V型で1インチ1万円を切っている。

 新開発の「レグザエンジンCEVO 4K」を搭載。きめ細かい質感や輝き感を再現できるほか、映像のエリアごとに画素単位で最適な超解像処理を行い、HD画質のBlu-ray Discやデジタル放送などさまざまなコンテンツを4K高画質で視聴できるという。

 別売りの外付けHDDを接続すれば、地上デジタル放送から最大6チャンネル・約80時間分をまるごと録画し、さかのぼって試聴できる「タイムシフトマシン」を利用できる。録画された番組から、今見ている番組に関連する番組などユーザーの好みに合った番組をすすめる「ざんまいプレイ」機能も備えた。

 NHKが2013年中に試行予定の放送と通信の連携サービス「Hybridcast」に業界で初めて対応している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -