ニュース
» 2013年06月10日 18時08分 UPDATE

VAIOにUltrabook新シリーズ「VAIO Pro」登場 世界最軽量の高性能モバイル

ソニーがVAIO夏モデルを発表。世界最軽量Ultrabook「VAIO Pro 13/11」や、内蔵バッテリーによる稼働時間が世界最長の18時間となる「VAIO Duo 13」など6機種をそろえる。

[山崎春奈,ITmedia]

 ソニーは6月10日、「VAIO」夏モデルを発表した。Ultrabookの新シリーズ「VAIO Pro」、タブレットに変形可能なノートPC「VAIO Duo」、テーブルトップPC「VAIO Tap」の3シリーズ6機種を6月下旬に発売する。

 新シリーズとして登場した「VAIO Pro 13/11」はモバイル性能を追求したUltrabook。「VAIO Pro 13」はタッチ対応13.3インチフルHD(1920×1080ピクセル)液晶ディスプレイを搭載し、重さは約1060グラム。「VAIO Pro 11」は11.6インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、重さはタッチパネル対応モデルが約870グラム、非対応モデルが770グラム。Pro 13とPro 11タッチ対応モデルは同クラスのタッチ対応モデルとしては世界最軽量だとしている。内蔵バッテリーによる稼働時間はPro 13が13時間、Pro 11が11時間。

photo 「VAIO Pro 11」。片手でらくらく持てる軽さ
photo 「VAIO Pro 13」を閉じた様子

 軽くて強度の高い「UDカーボン」を天板と底面に利用することで、軽くて薄く、堅牢なボディを実現。モバイル環境での作業しやすさを考え、手のひらや手首への負担を減らすため机とパームレスト面の段差を少なくした。キーピッチ/キーストロークはPro 13で19ミリ(フルピッチ)/1.4ミリ、Pro 11で17ミリ/1.4ミリを確保した。

 液晶ディスプレイは広色域などが特徴の「トリルミナスディスプレイfor mobile」を採用。ソニー独自の超解像技術「X-Reality for mobile」も搭載し、くっきりした動画再生が楽しめるという。

 店頭モデルはCPUがCore i5-4200U/1.6GHz。メモリが4Gバイト(オンボード)、SSDが128Gバイト。オーナーメードモデルはさらにCore i7-4500U/1.8GHz、8Gバイトメモリ、512G/256GバイトハイスピードSSD、Windows 8 Pro(64ビット版)も選択可能だ。

 店頭モデルの実売予想価格はPro 13が約17万円、Pro 11がタッチパネル対応モデルが約16万円、非対応モデルが約15万円。

photo 「VAIO Pro 13」を横から
photo 「広いキーピッチと深いキーストローク」を追求したキーボード。バックライト搭載で暗所でも作業できる

 ノートPCとしてもタブレットとしても使用できる「VAIO Duo 13」は、5月に発売した「VAIO Duo 11」とほぼ同じ本体サイズと重さながらディスプレイサイズが11.6インチから13.3インチにアップ。内蔵バッテリーによる稼働時間は約18時間と、Ultrabookとしては世界最長を実現したという。重さは約1.3キロ・厚さは19.5ミリ。

 「浮かんだアイディアを逃さず、よりクリエイティビティを発揮してもらう」ため、スリープ中に付属のデジタイザースタイラスペンをフックから取り外すと瞬間的に復帰し、指定のアプリケーションを起動することですぐにメモをとることができるようにした。スリープ状態からの復帰は約0.3秒。「スマートフォンのように気軽に利用してもらいたい」としている。

photo ノートPCとして利用した様子。ディスプレイ部をスライドさせることでタブレット状になる
photo タブレット状態。ペンホルダー部を引き出すとスタンドとして使用できる

 背面カメラを使った書類スキャニング用アプリケーション「CamScanner」をプリセット。会議の資料や板書などを撮影すると、適切に台形補正し、コントラストや色味を整えた状態で保存できる。画像としてプレゼンテーションの作成などに使えるほか、OCR機能も備えており、テキスト部分のみ抜き出してコピーすることも可能だ。

photo わざと斜めに撮影しても書類部分を検知。四隅の位置は手動調整も可能
photo スキャンした画像からテキストデータのみを抜き出した状態

 フルHDトリルミナスディスプレイ(1920×1080ピクセル)を採用し、店頭モデルはCore i5-4200U/1.6GHz、4Gバイトメモリ(オンボード)、128GバイトSSDを搭載。・発売は6月29日を予定し、実売予想価格は約19万円。

 テーブルトップPC「VAIO Tap 20」は、20インチワイドWXGAディスプレイ(1600×900ピクセル)を搭載したスタンド型PC。スタンドを収納した状態では、大型のタブレットとしても利用できる。大画面PCながらバッテリーを搭載し、持ち運びも可能。発売は6月22日で、実売予想価格はCore i7-3537U搭載モデルが約19万円、Core i5-3337U搭載モデルが17万円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -