ニュース
» 2013年06月13日 10時00分 UPDATE

キヤノン、現実に仮想情報を重ねる「MREAL」で手持ち型ディスプレイ開発中

キヤノンは、現実の映像にデジタルデータをリアルタイムに重ね合わせるシステム「MREAL」の新製品として手持ち型ディスプレイなどの商品化を進めている。

[ITmedia]

 キヤノンは6月12日、現実の映像とデジタルデータをリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality)システム「MREAL」を搭載した手持ち型ディスプレイとソフトウェアの開発を進めていることを明らかにした。2013年末の商品化を目指し、設計段階から製品を評価できるツールとして製造業への導入を見込む。

photo 開発中の手持ち型ディスプレイ(左)と外付けカメラとカーペット型マーカーを使用した様子

 MREALでは、現実空間中に設置したマーカーを認識し、現実の映像にデジタルデータを高精度に重ね合わせることができる。家電や車などの仮想モックアップを表示して実寸大で確認するなど、設計の早期段階でデジタルデータを用いた製品の評価が可能になり、試作回数や開発期間、コストの削減につながるとしている。

 昨年7月にヘッドマウントディスプレイ「HM-A1」を発売しており、新たに手持ち型ディスプレイの開発も進める。ショールームや展示会、会議のプレゼンテーションといった用途を想定している。また外付けカメラと床に敷くカーペット型マーカーと併用することで映像の重ね合わせの精度を高めるソフトも開発する。

 それぞれ年末の商品化を目指し、詳細な仕様や価格は未定。開発中の製品は「3D&バーチャル リアリティ展」(6月19日〜21日・東京ビッグサイト)に参考出展する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -