ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2013年06月14日 16時52分 UPDATE

Android向けIME「Simeji」、クラウド変換機能を強化 226万語の新語・流行語が変換可能に

Android OS向け日本語入力システム「Simeji」がバージョンアップ。クラウド変換機能を強化し、226万語の新語・流行語が変換可能になった。

[ITmedia]
photo 記号入力画面

 バイドゥは6月13日、Android OS向け日本語入力システムの新バージョン「Simeji 6.1」を公開した。クラウド上で変換支援を行う「クラウド変換機能」を強化し、変換可能な新語・流行語数が226万語(前バージョン比22%増)になったほか、「おまう」(思う)など簡単なタイプミスを自動で訂正して変換する機能も追加された。

 文字入力に関する新機能も追加された。タイプミスを防止するため、次の文字入力までの時間が0.5秒長くなったほか、かっこ記号やアルファベットの大文字・小文字の入力プロセスも効率化。記号分類は顔文字、記号、絵文字の3つのカテゴリに分かれ、頻繁に使用する記号は各カテゴリの上位に表示されるようになった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.