ニュース
» 2013年06月14日 19時20分 UPDATE

日本通信、SIMロックのため新Wi-Fiルータを出荷停止 「本来あり得ない理由で」のフレーズも話題に

日本通信は、6月14日発売予定だったWi-Fiルータ「b-mobile4G WiFi3」にSIMロックがかかっていることが判明したため、「SIMロック解除推進こそが自由な世界に繋がる」という同社の理念に背くとして出荷を停止したと発表した。

[山崎春奈,ITmedia]

 日本通信は6月14日、同日発売予定だったWi-Fiルータ「b-mobile4G WiFi3」にSIMロックがかかっていることが判明したため、出荷を停止したと発表した。

photo プレスリリースの一部
photo b-mobile4G WiFi3

 同社がこれまで発売した製品はすべてSIMロックフリー。「SIMロック解除推進こそが、利用者が携帯事業者に縛られない自由な世界に繋がると確信」し、ユーザーが端末とSIMを独立して選択できることをポリシーとしてきたという。

 だが「b-mobile4G WiFi3」の発売当日に、NTTドコモのSIMロックがかかっていることが発覚。日本通信の公式Twitterアカウントは、「弊社が当然(SIMフリー)と思っていたことと、メーカーが日本向けに当然(SIMロック)と思っていたことですれ違いがあった」「通信方式と周波数があっていれば動作するというメーカーの情報を信じた」と説明している。

「出荷停止は短期的には業績への影響は出る可能性がなくはないほどの決定」だが、「日本通信には理念を貫く使命がある」と同社。プレスリリースのタイトルは「WiFi3出荷停止、本来あり得ない理由で」としており、今回の事態がいかに不本意だったかを強調している。

 「本来あり得ない理由で」はそのキャッチーさゆえネットで話題に。Twitterではハッシュタグが登場し“大喜利状態”となり、一時はTwitterの地域トレンドにも入る事態になっていた。

 ネット上では、プレスリリースのタイトルの一部にあったフレーズ「本来あり得ない理由で」がそのキャッチーさゆえ話題に。Twitterでもハッシュタグが登場し“大喜利状態”となり、一時はTwitterの地域トレンドにも入る事態になっていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -