ITmedia NEWS >
ニュース
» 2013年06月17日 15時37分 UPDATE

凸版印刷、部材開発に3Dプリンタを活用 国内初

プラスチック容器や部材の開発に3Dプリンタを活用する取り組みを凸版印刷が開始する。

[ITmedia]

 凸版印刷は、プラスチック容器や部材の開発に3Dプリンタを活用する「国内初」(同社)の取り組みを始める。

photo

 プラスチック容器や部材の開発に必要となる模型を、高性能の3Dプリンタを用いて作製、提供するという取り組み。試作金型を用いる通常の模型作製と比べ、初期費用を約50分の1、作成日数を約10分の1に削減できるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.