ニュース
» 2013年06月25日 07時45分 UPDATE

MicrosoftとOracleがクラウド事業で提携──Amazon対抗へ

Windows Server上でOracleのソフトウェアを使っている顧客はHyper-VあるいはWindows Azureでも同じソフトウェアを使えるようになり、MicrosoftはWindows Azureでライセンス済みのJavaを提供する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftと米Oracleは6月24日(現地時間)、クラウド事業に関する新たな提携を結んだと発表した。プライベートおよびパブリッククラウドサービスで、顧客に広い選択肢と柔軟性を提供するのが目的という。

 Microsoftはこの提携により、プライベートクラウド事業で米Amazon.comのクラウドサービスAmazon Web Services(AWS)に対抗する狙い。

 Oracleは同日から、既にWindows Server上でOracle製品を使っている顧客に対し、同じ製品のWindows Server Hyper-VあるいはWindows Azureでの利用を認証・サポートする。OracleはAWSでも同様のサービスを提供している。

 Microsoftは、この4月に正式リリースしたAmazon対抗のIaaS「Windows Azure Infrastructure Services」のWindows Azureイメージギャラリーに、Java、Oracle Database、Oracle WebLogic Serverなどを追加する。また、Oracleの顧客はOracle LinuxをWindows Azureにインストールできるようになる。Microsoftは、Windows Azureでライセンス済みのJavaを提供する。

 Microsoftは発表文で、「MicrosoftとOracleは長年のライバル、パートナー、そして業界のリーダーとして20年以上企業の技術ニーズに応えてきた。(中略)この提携により、両社は顧客のクラウドコンピューティング活用を支援していく」と語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -