ニュース
» 2013年06月28日 20時23分 UPDATE

“アプリでは難しい”魚眼レンズをワンタッチ装着 スマホに貼り付ける本格レンズ

スマートフォンのカメラにワンタッチで取り付けられる望遠レンズや広角レンズ、魚眼レンズなどの本格レンズシリーズが好調。今後もラインナップを拡充予定だ。

[山崎春奈,ITmedia]

 ケンコー・トキナーと、セルフプリント事業を展開するDNPフォトルシオが共同で立ち上げた「アゴールコレクション」は、スマートフォンのカメラに取り付ける小型レンズ「SCOOP LENS SYSTEM」シリーズを「国際雑貨EXPO」(6月26日〜28日・東京ビッグサイト)で展示した。ワンタッチで取り外し可能な広角レンズや魚眼レンズ、望遠レンズなどをラインナップする。

photo マグネット式レンズを取り付けた状態

 スマートフォンにマウントリングを貼り、磁力で装着する「マグネット式」と、専用ケース(iPhone 5/GALAXY SIII)にねじ込んで装着する「ねじ込み式」の2つのタイプを用意。2段式の「広角レンズ&マクロレンズ」「魚眼レンズ&マクロレンズ」、2.6倍と1.6倍の「望遠レンズ」の4種類は2タイプそれぞれで展開。「マイクロスコープレンズ(6倍)」「サーキュラーフィルターレンズ」は、よりしっかりとレンズの位置を固定できる「ねじ込み式」のみ。

 マウントリングやケースの取り付け部分の大きさはどのレンズも共通なので「シーンによって取り替えるのも簡単」。価格はレンズによって異なり、1500〜4000円前後。

 「スマートフォンでの写真撮影が多くの人にとって日常になりつつあるなか、もう一歩進んだ本格撮影を手軽に楽しんでもらいたい。今後もアプリでは加工が難しい効果が出るものを中心にレンズの種類を増やしていく」(説明員)

photo 魚眼レンズでの撮影風景
photo 広角レンズと魚眼レンズは二段式。パーツを1つ外すと、マクロレンズとして使用できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -