ニュース
» 2013年07月08日 08時45分 UPDATE

Microsoft Research、触覚付き3Dタッチスクリーンを発表

Microsoftの研究部門、Microsoft Researchが、ディスプレイ上のオブジェクトの形や重さを触感として感じ取れるシステムを発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftの研究部門であるMicrosoft Researchは7月1日(現地時間)、触覚フィードバック付きの3Dディスプレイシステム「Actuated 3-D Display with Haptic Feedback」を発表した。画面上の3Dオブジェクトに触れると、形や重さを感じることができる。

 このシステムは、ロボットアームに設置されたタッチ対応ディスプレイと、マルチタッチ、力計測、3D視覚化、奥行き運動をサポートするアプリケーションで構成されており、画面のオブジェクトに触れると、シミュレートされたオブジェクトの形や硬さ、重さに合わせてディスプレイが前後に移動することで、オブジェクトを仮想的に感じることができる。

 display 1 3種類の素材の立方体を指で押すと、石の立方体はなかなか動かず、スポンジは簡単にころがる

 Microsoftは、このシステムは将来的に、ゲームや医療用システムに応用できるとしている。医療への応用例として、例えばMRIでスキャンした脳のデータを表示し、指で押すと頭頂から奥へと進める“脳ブラウザ”のデモ動画が公開されている。気になるスライスにタグをつけたり、メモを書き込むことも可能だ。

 display 2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -