ニュース
» 2013年07月23日 14時46分 UPDATE

Google Cloud Storageに自動削除や高速アップロード機能が追加

Googleの企業向けクラウドストレージ「Google Cloud Storage」に、競合するAWSのS3と同様の自動データ削除機能の他、2つの新機能が加わった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月22日(現地時間)、企業向けクラウドストレージ「Google Cloud Storage」に3つの新機能を追加したと発表した。

自動ファイル削除機能「Object Lifecycle Management」

 Object Lifecycle Managementは、あらかじめ設定したポリシーに従って、Cloud Storage上の任意のファイルを自動削除する機能。例えば、「365日以上前のファイルを削除」や「直近の3バージョンを残して他のファイルを削除」などのポリシーを設定できる。これらの操作はアクセスログに記録される。

RDAデータをCompute Engineと同じリージョンに置ける「Regional Buckets」

 Regional Bucketsは、「Durable Reduced Availability(DRA)」ストレージが対象のサービス。DRAのデータを、ユーザーが利用するGoogle Compute Engineのインスタンスと同じリージョンに保存できる。これにより、レイテンシを削減できる。

「gsutil」の新版でアップロード高速化

 「gsutil」のバージョンが3.34になり、大量のオブジェクトを自動的に高いスループットで並行してアップロードできるようになった。詳細はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -