ニュース
» 2013年07月25日 15時32分 UPDATE

Google、「Apple TV」の一部機能を35ドルで実現する「Chromecast」を発表

Googleが、テレビのHDMIポートに挿してモバイル端末やPCから制御する無線ストリーミング端末「Chromecast」を35ドルで発売した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月24日(現地時間)、テレビのHDMIポートに挿してYouTubeなどのサービスやWebコンテンツを大画面で表示できる小型端末「Chromecast」を発表した。価格は35ドル(約3500円)で、同日米国のGoogle Playで発売された。日本で販売するかどうかは不明だ。

 cast 1 USBメモリのようなChromecast

 無線LANを内蔵しており、モバイル端末(AndroidおよびiOS)あるいはPCおよびMac上のChromeブラウザをリモコン代わりに使って制御する。

 cast 2

 Netflix、YouTube、Google Playの映画と音楽の他、例えばGoogleドライブ上の写真やGoogle+のコンテンツなどをChromeブラウザから「cast(投げる)」し、端末で制御しながら視聴できる。サードパーティー向けの「Google Cast SDK」を提供しており、対応サービスは今後拡大していくという。

 cast 3

 米AppleのApple TV(価格は1万400円)や米MicrosoftのXbox 360(価格は2万7000円前後)の「Xbox SmartGlass」機能と似ているが、機能が絞られている分価格が桁違いに安く、サイズもかなりコンパクトな上、マルチプラットフォームの端末をリモコンとして使える点が大きな違いだ。

 Apple TVとAirPlayの組み合わせのように端末で視聴しているコンテンツをテレビに転送するのではなく、クラウド上のコンテンツをcastして制御する。従って、コンテンツをChromecastに投げてしまえば、リモコン代わりの端末側ではメールチェックなどの他の作業をすることができる。

 cast 4

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -